婚活と介護

気付いたら30代後半…気付いたら母が認知症… それでも結婚を目指します。

大島さん終了の気配

3回目のディナーもこなし、やれやれと帰宅しました←この時点で無理でしょ、と今は思います。


大島さんからは、
『楽しくてあっという間に時間が過ぎました。』とメールが来ました。
加えて、
『冬休みにどこかへお出かけしませんか?』と。


大島さんも私も大型連休ではないため、冬休みは限られます。
田舎のため、年末年始は行くお店も限られます。
そこで、
「そうですね。
ただ、年末年始はお休みのところも多いことが心配です。大島さんも行きたいところを考えてみてくださいね^ ^」とお返事をしました。


大島さんからは、
『そうなんですね!年末年始はお休みが多いんですね。
みーさんはどこへ行きたいですか?』とオウム返しのようなお返事が来ました。



いやいや、あなたがどこか行きたいんでしょうよ?と心底めんどくさいなと思いながら、なんとかがんばってメールを返しましたが、
その後も2往復ほどオウム返しを食らってすっかり意気消沈しました。


結局、『とりあえずお休みの日にお茶しながら決めましょうか』とまた私から提案しました。