婚活と介護

気付いたら30代後半…気付いたら母が認知症… それでも結婚を目指します。

密かな振り返り

お見合いをしたお相手を密かに振り返ることがあります。
お相手を1人に決める(本交際へ進む)と画像が見られなくなり、結婚が決まったり、ご自身でやめたりすると「退会」と表示されます。


一度お会いしただけの方や、何人かと同時にお会いしていた頃の方は、画像がみられなくなるとあまり思い出せませんが、けっこうな割合で本交際or退会になっています。
意外とみなさん早く決まっていく…という印象です。


かつての博士も、先日見てみたら画像が見られなくなっていました。
おそらく彼は、結婚相談所に登録して半年、だと思います。
いやーーーーー羨ましい!


そういえば過去にお見合いをした「宇宙人さん」。
(銀色のスパッツのような服で現れたので…。ちなみに髪型…頭型?も似ていました。)
すごく熱心に誘ってくれて、
1回目 お茶
2回目 ランチとお茶
3回目 ディナーとランチ
4回目 映画
5回目 花火
と、マニュアル通りのようなプランニングをしてくれました。
私は4回目でお断りしたので、花火は計画倒れに終わりましたが、
なんと!お断りした2週間後には画像が表示されなくなっていました。
そしてさらに、おそらくその本交際となったであろう彼女と、インテリアショップで楽しそうにお買い物をしているところに遭遇してしまいました。
もちろん、お互いに知らん振り…。


同時進行は問題ないですし、お互い様ではありますが、宇宙人さんの器用さに感心しました。
そしてそのときに、こちらも相手に選ばれている!ということを身をもって勉強しました。
油断大敵です。
自分は「この人がいい!」と思って、順調に進んでいると思っていても、突然競合に負ける可能性もあるということ。
想像してみたら、立ち直れないかも…という気がしてきました。
お申込み⇒瞬殺には慣れたので、土壇場競合負けもそのうち慣れてしまうかもしれませんが。。。



『いろいろあるけど、ご縁だからー』とマダムは全て片づけますが、そうとしか言いようがないってことなんでしょうね。
がんばろうっ!