婚活と介護

気付いたら30代後半…気付いたら母が認知症… それでも結婚を目指します。

眩暈連絡②

その②は、残念ながら先日ディナーに行った自営業の方。
会っているときもひっかかるところはもちろんいくつかありました。
たまにビックリするくらいキツイことを言うというか…。
でもやっぱりお互い様だし?と相変わらず良いところを探しておりました。
もしかして私、どうしようもない馬鹿なのかなーーという気がしてきました。。。


一応私に対してのキツイ発言はなかったのですが、ラインの内容の違和感は初期からありました。
「交差点を渡れずにオロオロしているおばあちゃんから目が離せなくて、返事が遅くなりました」とか。
アホな私はすっかり信じて、
『気になっちゃいますよね。おばあちゃんは大丈夫でしたでしょうか?』と真面目に返していました。
そのおばあちゃんを見てただけ?
それが理由にしては返事が相当遅いけど?
など、頭の中に疑問はありましたが。


そんなこんなで性懲りもなく自分を励ましている日々の中で、眩暈連絡①の10分後くらいに、目を疑うラインが来ました。


「先ほど、小学生くらいの女の子が連れ去られそうになっているのを見かけて、暫く眺めていたら返事が遅くなりました。」


いやいやいや、いろんな意味でアカンでしょ。
彼からしたら、私こそ冗談も通じないやつ?でしょうか?
でも、笑えない冗談の範囲さえも超えています。
どう受け止めようとしても、その発想がもう無理だと思い、終了することにしました。
おもしろいと思っているのか聞いてみたい気もしますが、もうそんな気力も労力もありません。


また振り出しに戻ります!
2人連続で変な連絡はキツイよーーーーーーー (T□T