婚活と介護

気付いたら30代後半…気付いたら母が認知症… それでも結婚を目指します。

笑顔

新しく始める仕事は結婚式関係です。
葬儀場と結婚式場、どちらも候補にあり、最初は葬儀場を希望していました。
悲しむ方たちの何か無意識な中でも救いに繋がったら…と思い、その思いは今も変わらずありますが、葬儀場での仕事とはご縁がありませんでした。
というわけで、次に見つけたものが、結婚式場でした。
結婚式場のHAPPYな雰囲気に負けそう…と思い、迷いもありましたが、順調に縁が繋がりそうです。
婚活がうまくいっていない時期に、結婚式場…大丈夫だろうか?という迷い。
(いい歳なので、普通に大丈夫です。。。)


昨日は新しい結婚式場がオープンするので、関係者のみでデモ結婚式を行う!と聞いたので、見学に行って来ました。
デモ!なので、新郎新婦も親族も全員仕事の関係者ですが、全員が笑顔でいるという空間に久々に行きました。
2年前に親友の結婚式に参列し、感動して楽しんだと思っていましたが、母の認知症が発覚してちょうど半年の頃で、
『私にはもう叶えられない』と思いながら過ごしていたなと、当時の心境を思い出しました。
もともと結婚式への憧れはないのですが、それでも『できない!』と思うと、少し寂しく感じました。
そのときから2年。
母の病気がわかって、遠距離の彼と別れて、仕事が倒産しそうと騒いで。
ずっとずっと母の病気のことが頭から離れず、それを理由にいろんなことを諦めていたなと思います。
生活と人生の仕切り直しです。
母自身もがんばっていると思います。
私も、ちゃんと努力をしたいと思います。
まずは仕事に慣れて、ちゃんと使ってもらえる人間になろう!
結婚式場の雰囲気に負けそうだと思っていましたが、思いがけず笑顔を思い出す良い機会になりました。
少しずつでも笑顔で過ごせる日々を増やしたいです。